”5I(ファイブアイ)の法則”は、それぞれの文字の頭文字を取って、5Iと呼ばれています。

MENU

マーケティング用語集

マーケティングについて知ってもらうために、ここでは簡単な用語を紹介します。

 

日常会話でも使う機会があるかもしれない単語をチョイスして行きます。
さりげなく会話に取り込めば、ビジネススキルが高い賢さをアピールできるかもしれません。

 

用語

説明

セグメンテーション これは市場を細分化することです。

性別や年齢などをセグメンテーション、つまり切り分けることで商品の特徴を出して行くのです。
例えば、高齢者向けには血糖値を上がらないチョコレートを、学生には脳が活性化するチョコレートを販売するなどです。
同じチョコレートでもセグメンテーションして特徴をアピールしているのです。

ニーズ ニーズとは、需要を意味するマーケティング用語です。

お客様から必要とされる、価値があるものを、ニーズがあると表現します。
ニーズが無い、と言った場合は興味を示す人が少なて売れ行きが悪いと予測されます。

オピニオンリーダー 商品の購入に影響を与える人物をオピニオンリーダーと呼びます。

アイドルが特定のお菓子がお気に入りだと宣伝すれば、売り上げが爆発的に増える場合があります。
こうした際に、アイドルのことをオピニオンリーダーと呼称するのです。

5I(ファイブアイ)の法則 広告を制作する時に満たす必要がある5つの要素のことです。

それぞれの文字の頭文字を取って、5Iと呼ばれています。

  • idea(アイディア)
  • impact(インパクト)
  • interest(インタレスト)
  • infomation(インフォメーション)
  • impression(インプレッション)

です。
知恵を絞り、衝撃を作り、興味を持たれる、十分な情報を、印象的に与えるのが5Iの法則です。

ヘッドライン いわゆるキャッチコピーのことです。

 

知っている用語はあったでしょうか?
日常で使えそうな単語は、さりげなく会話に織り交ぜて見てください。

 

あなたの評価がワンランク上になり、周囲の見る目が変わるでしょう。