お客様や商品を扱う企業、社会全体へ価値を伝える手段がマーケティングと呼ばれています。

MENU

そもそもマーケティングとは?

 

マーケティングを簡単に言うと、お客様や商品を扱う企業、そして社会全体に価値を伝達するプロセスです。

例えば、美味しい食べ物があるとしましょう。
それを知っている人は価値を理解しており、また食べたいと考えることが可能です。
ですが、美味しさや存在を知らない人は、価値を知らないままになっているのです。

 

価値を知らない人に、美味しい食べ物があると伝える手段としてマーケティングが行われます。
これがお客様へ価値を伝えるためのマーケティングです。

 

⇒ 知っておくと便利なマーケティング用語集はこちら

 

実際に行われるマーケティングには、いくつかの過程があります。

市場分析、ターゲット選定、差別化、プロモーション方法です。

 

まず最初に行うのが市場分析です。

お客様が何を欲しがっているのか、どんなものが流行しているのかを調べます。
新商品を販売する上で大切になります。
現代社会でブラウン管テレビを開発しても意味がありません。
何が求められているかを正確に分析する必要があるのです。

 

次にターゲット選定です。

これは男性と女性のどちらに売りたいのか、どんな年齢の人に興味を持ってほしいのかを絞ります。
誰に買ってもらうかを強く意識することで、今後のマーケティングの方向性が定まってきます。
美容効果のあるものなら、男性よりも女性をターゲットにする方が良いでしょう。
60代よりかは30代から40代の方が食いつきが良くなります。

 

この後は差別化です。

類似する商品がいくらで販売されているのかを調べます。
仮に同レベルの商品があったとしたら、その商品よりも高い金額にすれば売れ行きは悪くなってしまいます。
効果や効能、美味しさや快適さなど、類似商品との違いを生み出すのも重要なのです。

 

最後にプロモーションです。

これによってターゲットにしている人が魅力的に感じるように、差別化した特徴をアピールしていくのです。
株式会社フィードでは、WEBでのイベントや広告を企画し、店頭プロモーションや店内の売り場コーナー作りを行っています。

 

このように商品の価値を伝える手段がマーケティングなのです。