他人に興味が無いのに、他人の喜ぶことに全力を出せる人がマーケティングに向いています。

MENU

マーケティングに向いてる人

マーケティングは社会全体へ価値を提供するプロセスであり、経済の活性化を担っています。

 

そんな高度なマーケティングですが、どのような人が向いているのでしょうか?
マーケティングは誰でも行えますが、その精度を高くして、爆発的なプロモーションを生み出すのはどんな人なのか紹介します。

 

マーケティングを行う上で素質があるのは、人に興味を持っていない人です。

人に興味を持っていなかったら、人が喜ぶ価値を見出すことも提供することも出来ないと感じるでしょう。
しかし、これには深い意味があるのです。
人に興味が無いと言うのは、相手に関わらず意見がブレないことを示しています。
誰かにこっちの方が良いと提案されても耳を貸さず、あくまでも冷静に情報を分析する人でなければなりません。
人に興味を持ち、人好きである人は、誰かの意見についつい共感して同調してしまいます。
そうような他人の意見に流されることがなく、自分の意思を持っている人がマーケティングの仕事に向いているのです。

 

さらに、もう1つ条件は人に興味を持っていないにも関わらず、相手が喜ぶことに全力を出せる人です。

マーケティングは世間が求めている物を読み取り、的確に提供していく必要があります。
時には興味が無い人や関心が薄い人に商品を宣伝し、喜んで貰わなければならないのです。

 

 

この2つの条件を満たしている人はマーケティングに向いていると言えます。
他人に興味を持っていないにも関わらず、他人が喜ぶことに全力を出せる人です。

 

あくまでも方向性なので、これに当てはまらないから優秀では無いことにはなりません。
ですが、この特徴を持っているマーケティング担当者が居たら、信頼する価値は非常に高いでしょう。
周囲の意見に惑わされず、消費者が欲しがっている物を的確に見抜く力があれば最強です。

 

会社に居るマーケティング担当を見てみるのも良いでしょう。
一方的に評価をするのは良くありませんが、1つの指標になるのは間違いありません。